モジュラー式3Dプリンタ『Snapmaker 2.0』が8億超の資金を調達

モジュール式3-in-1 3Dプリンタ「Snapmaker 2.0」が8億5千万円超えの資金調達に成功

米国及び中国に拠点を置く3Dプリンタプロバイダー Snapmaker が、2019年5月8日にクラウドファンディングKickstarterからローンチした新型多機能3Dプリンタ『Snapmaker 2.0』が、6月6日にキャンペーンを終了。7,388人の支援者から7,850,866ドル(約8億5,200万円)の記録的な資金調達に成功した。

キャンペーン開始から僅か7分で目標額の10万ドル(約1,100万円)を達成した「Snapmaker 2.0」(関連記事はこちら)は、2019年6月6日にキャンペーンを終了し、過去の3Dプリンタキャンペーンの記録を大幅に更新する資金調達を達成した。

アーリーバード支援者には2019年11月から、その他リターン品は2019年12月から発送開始予定。

キャンペーンを終えた「Snapmaker 2.0」は現在、公式サイトから予約注文を受付けている。


関連記事​

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る