スマートフォン3Dプリンタ『ONO』進捗情報を更新

スマートフォン3Dプリンタ『ONO』最初のユーザーからのフィードバックを公開

これまでにも度々更新情報をお伝えしている99ドルのスマートフォン3Dプリンタ『ONO』
クラウドファンディングKickstarterで、16,180人の支援者から約230万ドル(約2億5,300万円)の資金を調達し大成功を納めながら、殆どの支援者に製品を届けられていない同社だが、2018年7月後半に実施した、一部支援者に対するモニターの様子を公開した。
ONO関連記事はこちら

今夏、選ばれた9人の支援者に最初のONOを送り、フィードバックを受け取った同社は、支援者から得た内容の一部として、プリント後の造形物の写真などを同社公式サイトから公開した。

7月にスタートアップ支援サイトStartEngineから新たな資金調達を実施した同社は、キャンペーンから得た資金を利用し、プリンタ量産に必要な大規模な出荷スケジュールを策定。発表された情報によれば「ボードの注文を開始した」としているが、予定されている出荷台数が9月末までに約200台、10月中旬までに500台と、非常に限られた数となっている。
弊社を含めKickstarterからONOを支援した人数は16,180人であり、現状の生産体制ではその殆どに行きわたらないのが現状と言える。
これに対し、更新が投稿されたKickstarter上では「ボードの発注数が数百単位なのはおかしい」「嘘の上塗り」「いい加減に払い戻しをしろ」といった批判的な投稿が続いている。

リリースから3年近く経過した「ONO」だが、殆どの支援者へ向けた製品の発送については、全く目途が立っていない。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

3DPS
ページ上部へ戻る