超高精細3Dプリントを実現する高性能エクストルーダー登場

アレフ・オブジェクツは高精細な3Dプリントに適した新型エクストルーダーをリリース

高性能なデスクトップタイプ3Dプリンタ「LulzBot」シリーズを展開する米国コロラド州の3DプリンタベンチャーAleph Objectsは、超精密造形に適した新型エクストルーダー「Aerostruder v2 Micro Tool Head」をリリースした。

新型エクストルーダー「Aerostruder v2 Micro Tool Head」は、英国に本拠を置くパートナーE3D Onlineによって開発され、E3D Titan Aero Extruder / Hot Endを搭載し、0.25mmのノズルと360度冷却機能を備え、ブリッジやオーバーハング性能の高い高精度プリントを実現する。

高解像度と優れた表面仕上げを実現するヘッドツールは、同社のフラッグシップモデル「LulzBot Mini 2」3Dプリンタと組み合わせて使用​​され、高精細な造形を望むデザイナー、3Dアーティスト、エンジニアなどに適した製品となっている。

Aerostruder v2 Micro Tool Headを搭載したLulzBot Mini 2 3Dプリンタは、2018年9月から発売開始を予定しており、8月12日から16日までカナダ・バンクーバーで開催されたSIGGRAPH 2018でデモ機を展示した。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る