仏の病院、60台の3Dプリンタを導入してPPEをオンデマンド生産

パリの病院が新型コロナウィルス感染症対策のため60台のStratasys 3Dプリンタを導入

ヨーロッパで最大の病院システムであり、44の病院で9万人以上の医師を雇用する世界最大級の病院の1つ University Hospital Trust(以下 AP-HP)は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)との戦いを支援するため、StratasysのFDM方式3Dプリンタ「F123」シリーズを60台導入した。

3月31日に注文してから24時間以内で納品されたStratasysの3Dプリンタは、パリにあるAP-HPのコーチン病院内の150平方メートルの施設に設置され、PPEやその他の医療部品を現場でオンデマンド生産。

AP-HPはこの大規模な3Dプリント作業を円滑に運営するため、医療分野で豊富な経験を持つ3Dプリントサービスプロバイダー Bone3D と協力し、プリンタのインストール、運用、サポートに対応したエンジニア支援を受けており、3Dプリンタで、フェイスシールド、マスク、電動シリンジポンプ、挿管装置、人工呼吸器バルブなど新型コロナウィルスの治療に必要な様々な部品をプリントしている。

また同病院システムは、パリ大学およびケリンググループの支援を受け運営されている国家プロジェクト、新型コロナウィルスに対抗するための設計と3Dプリンティングイニシアチブ連合「3dcovid」を立ち上げ、パンデミックで最も被害の大きかったフランスのパリとその周辺地域の病院職員からリクエストされた備品類を迅速に3Dプリントし、供給している。

AP-HPはこれほど大規模に3Dプリント技術を活用することで、独自のサプライチェーンを構築することができ、施設内で直接生産を行い、命を救うために日々戦っている最前線の医療スタッフに必要な機器を迅速に届けることができるようになった。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る