デジタルモールド技術使用の肝臓モデルを販売開始

デジタルモールド技術から生まれたメディカル使用模型の第一弾「肝臓モデル」販売開始

伊那食品工業ストラタシス・ジャパンスワニー丸紅情報システムズ(以下 MSYS)の4社は共同で、3Dプリント樹脂型「デジタルモールド®」と環境にやさしい植物由来ゲル素材から製作する臓器モデルの事業化についての契約を締結し、医療業界向け製品の販売を開始した。


「デジタルモールド」で成形した肝臓のモデル。 Photo:Stratasys JAPAN

3Dプリント樹脂型「デジタルモールド」を活用したリアルな臓器モデルは、スワニーが臓器の3Dデータをもとに、フルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ「Stratasys J750」を用いて樹脂型と臓器内の血管モデルを造形し、型内に伊那食品工業が開発した植物由来ゲル素材を流し込むことで、臓器の複雑な立体形状を再現。水分を含み、実際の臓器を忠実に再現した色調や質感を持つモデルを製作することができる。

スワニーが進めるデジタルモールドおよび植物由来の多糖類をベースとする材料に関して深い知見と経験を持つ伊那食品工業の開発力に、多色造形や様々な硬度の再現、高耐熱などの高機能材料の造形が可能なStratasys J750の組み合わせにより、新たな医療シミュレーション用リアル臓器モデルを生成。ストラタシスの販売代理店で医療業界への販路もあるMSYSが、総販売窓口を担当する。

医療分野における手術手技の練習には、動物の臓器や樹脂やフィルムでできた簡易模型が用いられるが、動物の臓器調達に要する時間、管理、および使用後の材料の廃棄問題や動物愛護の観点からも課題があり、また簡易模型では十分な技術習得には不十分であるといった問題が存在している。MSYSは、これらの問題や課題を解決するための医療シミュレーション用として、大学病院など医療機関等に向けて臓器モデルを販売。その第一弾として、肝臓モデルの販売を開始(標準価格;税抜9万円)
今後は、他の臓器についても開発・リリースする予定で、3年間で5億円の売上を目指している。


関連記事​

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る