高さ0.1mmの3Dプリント製ダビデ像

ETHチューリッヒの研究チーム、高精細金属3Dプリントシステムで0.1mmのダビデ像をプリント

スイス連邦工科大学チューリッヒ校(以下 ETHチューリッヒ)のスピンオフ企業でスイスの3Dプリンタメーカーである Exaddon の研究チームは、高さ0.1mmの小さなミケランジェロ・ダビデ像を3Dプリントした。

ETHチューリッヒのトマソ・ザムベリ教授率いる研究チームは、Exaddonが開発するマイクロメートルスケール金属3Dプリントシステム「CERES」を使用して、高さ5.17mの大理石彫刻ミケランジェロのダビデ像の縮小モデルとなる高さ1mmと0.1mmの二つの銅製ダビデ像を3Dプリント。
高さ1mmのダビデ像を作成するのに掛かった時間は約30時間で、0.1mmの小さなダビデ像は僅か20分でプリントされた。

CERES」は、空気圧駆動の液体分注、電気化学堆積および光力測定を組み合わせた最先端のシステムで、溶解した金属を電気伝導性基板上に高精度に堆積し、あらゆるレベルの複雑な3Dオブジェクトをレイヤーごとに自動的に構築することができる。またこのプリントプロセスは、サポートやテンプレートなしで一度にプリントされ、焼成や焼き戻しを必要としない。

この3Dプリントプロセスは、コンピューターチップの接続やマイクロエレクトロニクスシステムを正確に修復するための新しいプロセスとして、電子産業向けに活用されることが期待されている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る