3Dプリンタ・造形材料の市場動向と最新レポート

シーエムシー・リサーチ、3Dプリンター・造形材料の市場動向と最新業界レポートを発行

材料科学や化学、3Dプリンタ関連の先端技術やその市場動向に関するレポートを発行する シーエムシー・リサーチ は「3Dプリンター・造形材料の市場動向と最新業界レポート」と題する書籍を発行した。

世界では、3Dプリンタの開発競争が激化。樹脂材料用の3Dプリンタは米国製が大勢を占めるが、中国などの新興国では低価格帯の3Dプリンタが多数販売されており、国産機も複数のメーカーが開発・販売している。価格帯は10万円以下から5,000万円程度までと非常に幅広い。
現在の3Dプリンタの本格普及の背景には、熱溶解積層方式、光造形方式、粉末焼結方式の3種類の製法が特許切れとなり、新規参入企業が多数生まれることである。それゆえデスクトップタイプの3Dプリンタ価格は下落傾向であり、現在では1台あたりの価格は2~3万円程度の機種まで登場している。
国内の3Dプリンタの出荷台数を見ていると、50万円以下のコンシューマータイプの3Dプリンタの出荷が減少。これは興味本位でデスクトップ3Dプリンタを購入するユーザーが減少しているのが背景にある。他方、今後は産業用途のミドルレベルタイプ(50~300万円)の3Dプリンタ出荷台数は年率1~3%増と緩やかに伸びている。製造業を中心に着実に適応範囲が広がり、市場が少しずつ拡大。3Dプリンタの市場では、3DsystemsとStratasysの米国の2社で70%以上の市場シェアを誇っているが、金属3Dプリンタではドイツが圧倒的である。ドイツが占める市場シェアは67%で、そのうちEOS社が占める割合は38%である。金属3Dプリンタでニーズが高いのは、航空機用の部品である。Airbusは、ジェット機用パーツの生産を3Dプリンタに切り替えることで、材料消費量が75%削減させ、GeneralElectricはエンジン部品や燃料ノズルで実用化を進めている。さらには宇宙分野などにも用途が広がってきている。
そもそも3Dプリンタの起源は日本であるが、商用化に出遅れたのがシェア低迷の要因である。樹脂の3Dプリンタは海外に先行されているが、金属の活用はまだ巻き返すことができるであろう。
本レポートでは、各種3Dプリンタの価格動向、世界の3Dプリンタ出荷台数推移と予測などを調査。また国別の3Dプリンタの動向や3Dプリンタ企業・関連企業の動向をまとめた。さらに3Dプリンタの技術が発展することによる航空・宇宙・自動車業界、電子回路業界、医療・ヘルスケア、食品、フットウエアなどの業界に与える影響を追った。

■ 発行:2019年8月30日
■ 定価:冊子版 80,000円 + 消費税
セット(冊子 + CD) 90,000円 + 消費税
★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体裁:A4判・並製・239頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ ISBN 978-4-904482-64-3


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る