世界初の3Dプリント製ヨット船体

イタリア企業がヨットレース参戦可能な世界初のダイレクト3Dプリント製ヨット船体を発表

イタリアのスタートアップ「OCore」は、独自の3Dプリントシステムと材料で製造された世界初の3Dプリント製ヨット船体を、イタリアのセーリング・クラブ「Circolo della Vela Sicilia(CVS)」で執り行われたセレモニーで発表した。

2019 MINI TRANSAT ADVENTURE」に参戦する予定の3Dプリント製ヨットプロジェクトは、オートデスクやLEHVOSSグループを含む、いくつかの企業によってサポートされており、LEHVOSSグループはこのプロジェクトのため、炭素繊維で強化された高性能ポリアミド材料「LUVOCOM 3F PAHT CF」を開発。このカスタマイズされた化合物は、高い剛性と強度を有しながら、3Dプリント製ヨット製造に適した高いZ層強度と軽量化を実現。

独実のアルゴリズムにより、有機的かつ複雑な構造を複製するための材料堆積システムの開発に成功した同社は、高度な3Dプリント技術により、従来の方法では造ることができなかった複雑な機能部品を3Dプリントし、軽量化されたレース用船体を低コストで製造することが可能であることを証明した。

完成した3Dプリント製ヨットは、2019年初めに海上でセーリングテストを開始する。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る