Siemensが巨大3Dプリント工場を発足

シーメンスは3,000万ユーロを投じた施設で3Dプリンティングの産業化を目指す

ドイツ・バイエルンに本社を置く多国籍企業「シーメンス (Siemens AG) 」は、 3Dプリンティング技術の活用に革命をもたらすことを目指し、3,000万ユーロを投じ、4,500平方メートル超のAdditive Manufacturing(以下 AM)製造工場を発足した。

2016年、シーメンスに買収された「Materials Solutions(マテリアル・ソリューションズ)」が英国ウスターに置くこのAM製造拠点には、アルミニウムからチタンまで、様々な種類の金属素材を処理できる50台のEOS メタル3Dプリントシステムの他、ポストプロダクションマシン、最先端3Dスキャナ、完全自動化ロボットなど、最先端の製造技術が集約されたエンドツーエンドの複合施設となっている。

工場はまだ完全稼動していないが、包括的な専門知識と大規模なプリンタ群を組み合わせたソフトウェアおよび自動化ソリューションによって実現するAM製造の工業化と生産性の向上を目指し、年間200,000個超の部品生産を目標としている。

シーメンスとマテリアル・ソリューションズは既に、3Dプリンティングを活用することにより強化される「SGT5-9000HL」ガスタービン用の新しい機能部品を3Dプリントすることに成功している。
このプロジェクトで生成される3Dプリント製部品は、既存部品同等の耐性を維持しつつ、生産時間を四分の一から三分の一程度まで短縮すると共に、コストの削減やパフォーマンスの向上、そして設計制約の克服に必要不可欠であることを証明した。

また、シーメンスが関心の高いもう一つの分野である自動車産業では、試験的な試みとして、3DスキャニングとAM造形技術を使用したリバースエンジニアリングプロジェクトが実施されており、クラシックカー「Ruston Hornsby」の復元に成功。リバースエンジニアリングにより不足していた部品を再作成することで、100年前のクラシックカーを見事に蘇らせた。

シーメンスのAM担当長は「ガスタービン用の部品は、最高の材料および技術要件を必要としています。つまり、ガスタービンブレードを3Dプリントすることができれば、他のどんな部品も3Dプリントすることが可能です。当社は、高度な専門知識とAM技術を活用したソリューションにより、マテリアル・ソリューションズを通じて、顧客が望む品を提供できる立場にあります。」と述べている。

欧州を中心に、自動車産業および航空宇宙産業分野における大規模なAM製造拠点が次々と生まれており、この流れは今後益々拡大することが予想される。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る