KFCがバイオプリンタでチキンナゲットをプリント

KFCと3Dバイオプリンティング・ソリューションズがバイオプリンターでKFCナゲットをプリント

ロシアのケンタッキーフライドチキン(Kentucky Fried Chicken 以下 KFC)は、「未来のレストラン(Restaurant of the future)」と題した革新的なコンセプトの一環として、ロシア最大の民間医療関連企業 INVITRO によって設立されたバイオプリンティング企業 3D Bioprinting Solutions(3Dバイオプリンティング・ソリューションズ)と共同で、バイオプリンティング・チキンナゲットを開発した。

3Dバイオプリンティング・ソリューションズとロシアKFCは、3Dバイオプリンティング技術を利用して代替鶏肉を作成する革新的な技術を開発。このアイデアは、健康志向の高まりに応じて需要が高まる代替肉と、より環境に優しい食品生産方法の開発に応えるため実施されており、世界で初めて実験室で作られたチキンナゲットを開発した。3Dバイオプリンティングされたチキンナゲットは、味も見た目もKFCのオリジナル商品に限りなく近いが、従来の食肉よりもヘルシーで環境に優しくいものとなっており、両パートナーは2020年秋からモスクワ市内のKFCでテスト販売を予定している。

鶏の細胞と植物材料を使用して生成されるバイオプリント代替肉は、鶏肉の味と食感を忠実に模倣しており、鶏肉同様の微量成分を有しながら伝統的な畜産業で認められている様々な添加物が排除されているため、より環境に優しく、より倫理的で動物に害を与えることなく生産することができる。
アメリカ環境科学技術ジャーナルの研究によれば、セルラー食肉養殖技術は、エネルギー消費量を半分以上に減らし、温室効果ガスの排出量を25倍削減。従来の食肉製品のために動物を飼育するよりも100倍少ない土地の使用量で、環境への悪影響を最小限に抑えることができるという。

KFCロシア・CISのCEOライサ・ポリアコバ氏は「KFCでは、トレンドやイノベーションに目を光らせ、常に先進的な技術をチェーン店に導入し、時代に応じた様々な要望に応じています。セルラーミート製品の製造は「未来のレストラン」というコンセプトの次のステップに当たり、鶏肉製品を作るための3Dバイオプリント技術の開発は、人類が直面しているいくつかの重要な問題を解決するのに役立つ可能性があります。」と述べている。
KFCは動物福祉にも力を入れており、農場での鶏肉生産を継続的に改善するとともに、飼育、輸送、加工を含むサプライチェーン全体での鶏肉生産の改善にも取り組んでいる。

また、3D Bioprinting Solutionsの共同創業者でありマネージングパートナーでもあるユセフ・ジェズスアーニ氏は次のように述べている。「元々医療分野で広く活用されている3Dバイオプリンティングをベースにした技術は、今日では代替肉生産での活用が高まっています。今後このような技術の急速な発展により、3Dバイオプリンティングでプリントされた食肉製品がより身近なものとなります。KFCとの提携によって生まれた技術が、市場への導入を加速させることを期待しています。」

米国で需要が増加する代替肉バーガー(ビヨンド・ミート)

代替肉と3Dフードプリント技術は、人工増加に伴う食糧問題や環境問題への解決策として、この分野の成長トレンドの一つになると期待されている。
関連記事はこちら

 

3D Food Printing(3Dフードプリンティング)」に特化した各種サービス

id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、これまでに3Dフードプリンターの販売や関連サービスのコンサルティングを数多く手掛けており、その経験を活かした3Dフードプリンティングに特化した各種サービスをご用意しています。
詳しくはこちら:https://idarts.co.jp/3dp/3d-food-printing/


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る