世界初のチョコレート3Dプリントスタジオ

チョコレート会社バリー・カレボーがチョコレート専門の3Dプリンティングサービスを開始

スイス・チューリッヒに本拠を置く大手チョコレート会社 Barry Callebaut(バリー・カレボー)は、チョコレート3Dプリンタを利用したオーダーチョコレ―ト専門のサービス「Mona Lisa 3D Studio」を開始した。

バリー・カレボー独自のブランドとしてスタートした「Mona Lisa 3D Studio」は、レストラン、専門店、個人客を対象に、これまでの技術で製造できなかった複雑な形状とデザインのパーソナライズされた3Dプリントチョコレートを製造するサービスとなる。

チョコレート材料専用にカスタマイズされたフード3Dプリンタを利用することで、従来の成形型を必要とせず、プロトタイピングによる設計から最終的なチョコレート生産まで対応。

オーダーから約12週間程度で完成するオーダーチョコレートは、完璧な状態で配送されるよう、破損リスクの少ない専用パッケージに梱包され、顧客に届けられる。


デリケートなデザインのチョコレートを保護する専用パッケージ

バリー・カレボーは現在、ヨーロッパの一部の国のホテルやコーヒーチェーン、レストランにサービスを提供しており、デザインチームと協力して、オリジナルデザインの3Dプリントチョコレートを提供している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る