Formlabs「Form 3L」の国内展開を開始

Formlabs、優れたコストパフォーマンスを兼ね揃えた新製品「Form 3L」の国内展開を開始

強⼒で⾝近な3Dプリントシステムを提供する Formlabs は本⽇、同社独自のテクノロジー「Low ForceStereolithography(LFS™)」を採用したプロフェッショナル向け 大型3Dプリンタ『Form 3L』を、⼤型パーツの造形を必要とする顧客に向け、国内正規販売代理店を通じて販売を開始することを発表した。

現行モデルである Form 3 の5倍以上の造形サイズ(幅 335×奥⾏ 200×⾼さ300mm)を有しながら、同等の使いやすさと造形の微細さや優れたコストパフォーマンス、ROI(Return onInvestment︓対投資効果)を兼ね揃えた新製品「Form 3L」は、⽇本国内価格 1,806,000 円(税別)で、2020年第4四半期(10〜12 ⽉)より正規販売代理店を通じて出荷開始を予定。3Dプリンタショップ 3DPS id.arts でも予約受付を開始した。

Form 3LForm 3 の中核技術である「LFS」は、光造形(SLA)⽅式へのまったく新しいアプローチで、レーザーとミラーを包含した「Light Processing Unit(LPU)」を使⽤して、造形の微細さと速度を両⽴しながら、液体樹脂を等⽅性を持つパーツに硬化させる。Form 3L は、2基の「LPU」(Form 3 は1基)を同時に使⽤することで、Form 3 に⽐べ、5倍⼤きく⾼速な3Dプリントを可能にしている。

 

LFS による 3D プリントの特⻑

  • 完璧なプリント︓モジュール式コンポーネントの「LPU」は、正確で⾼密度のレーザースポットを実現し、正確で再現性のあるプリントを実現。
  • 容易に除去可能なサポートのタッチポイントが、パーツ表⾯をより滑らかに。
  • ⼀貫したパフォーマンス︓20以上搭載されたセンサーが、⻑期にわたって安定したパフォーマンスを維持するための理想的な条件を監視および維持。
  • アップグレード可能なモジュール式コンポーネントと失敗しにくい設計により、より向上した稼働時間を実現。

 

Form 3L スペック

  • 技術:Low Force Stereolithography (LFS)™
  • XY解像度:25ミクロン
  • レーザースポットサイズ:85ミクロン
  • レーザーパワー:250mWレーザー×2
  • ビルドボリューム(W x D x H):33.5×20×30 cm
  • レイヤー厚:25 – 300ミクロン
  • 樹脂充填システム:自動
  • 樹脂カートリッジ数:2
  • プリンタ寸法(W×D×H):77.5×52×73.5 cm
  • プリンタ重量:54 kg
  • 所要電力:100〜240 VAC * 7.5 A 50/60 Hz * 650 W
  • 接続性:Wi-Fi(2.4、5 GHz)、イーサネット(1000 Mbit)、USB 2.0
  • プリンター制御:5.5インチ(解像度1280×720)インタラクティブタッチスクリーン

Form 3L の予約は https://3dprinter.idarts.co.jp/items/33385908 へ


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る