FormlabsのSLS 3Dプリンタ「Fuse1」が遂にデビュー

Formlabs、初のSLS方式3Dプリンタ「 Fuse 1」の受注を開始

米国マサチューセッツ州を拠点とする3Dプリンタメーカー Formlabs は、2017年の発表以来発売が遅れていた同社初となるSLS(Selective Laser Sintering)方式3Dプリンタ「Fuse 1」を正式にリリースした。

Fuse 1(左)および Fuse Sift(右)

約10年にオリジナル3Dプリンタ Form 1 を発表して以来、後継モデルとなる Form 2、Form 3 および Form 3L などの3Dプリントシステムをリリースし、樹脂ベースのSLA方式3Dプリンタ市場のリーダーとして業界をリードする Formlabs は、同社初となる卓上型産業用SLS方式3Dプリンタ「Fuse 1」を遂にリリースした。Fuse 1 は、従来のSLS方式3Dプリンタを凌駕する低価格化と産業レベルの3Dプリント品質を実現し、機能的なプロトタイピングや最終用途部品などの生産性を求めるエンジニア、デザイナー、製造業者を対象に販売される。

Formlabsは「Fuse 1」システムを適切に運用するために必要な粉体除去システム「Fuse Sift」と、SLSのワークフローのあらゆる側面をカバーする独自のナイロン12粉体材料などのラインアップも同時に発表。

7年以上に及ぶ研究開発を経てリリースされた Fuse 1 は、造形領域165×165×300mmのモジュール式ビルドチャンバーを搭載しており、ビルド後にチャンバー交換することで、ダウンタイムを大幅に短縮。このチャンバーは「Fuse Sift」に対応しており、全自動で粉体を除去することができる。

ナイロンパウダーを層ごとに融合させるSLS方式の3Dプリントシステムは、未使用のパウダーがプリント中にパーツをサポートするため、サポート構造を必要とせず、複雑なデザインモデルをプリントすることができる。特許出願中の Formlabs の新技術「Surface Armor Technology」は、部品の表面をプリントする半焼結シェルにより、競合他社システムのような法外なコストや手間をかけることなく、優れた機械的特性と表面仕上げを実現する。

Fuse 1 の基本スペック

  • ビルドボリューム:165×165×300mm
  • レイヤー厚:110ミクロン
  • 材料リフレッシュ率:30%~50%
  • レーザータイプ:1065nm ファイバーレーザー 10W
  • レーザースポットサイズ:200ミクロン
  • 接続:イーサネット、Wi-Fi
  • 本体サイズ:645×685×1070mm
  • 本体重量:114kg
  • ソフトウェア:PreForm

Fuse 1 の本体価格は18,499ドル(約190万円)で、Fuse Sift などを含む完全なセットアップは、31,845ドル(約330万円)からとなっている。北米では既に受注を開始しているが、日本での展開については未定。正式な発売が開始され次第、弊社ショップでも取扱いを開始する予定である。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

       

ページ上部へ戻る