ExtraBold約3.6億円の資金調達を実施

ExtraBoldが約3.6億円を調達、超大型高速3Dプリンタの量産化や独自の新型3Dプリントヘッドの開発を加速

低コストな樹脂ペレットを使用した高速造形対応の超大型3Dプリンタを開発する ExtraBold(以下 エクストラボールド)は、リアルテックファンドおよび Mistletoe Japan合同会社をリード投資家とし小橋工業株式会社、株式会社前田技研、みずほキャピタル株式会社、株式会社グローカリンクを引受先とする第三者割当増資を実施。

エクストラボールドは、一般的に普及している従来の3Dプリンタ(熱溶解押出方式)の大きな課題である「造形時間がかかる」「造形サイズが小さい」「材料が限定されている」といった点に着目し、超高速で大容量の造形が可能な独自の3Dプリントヘッドを開発。2020年5月に発表された量産試作機「EXF-12」では、1時間あたり15Kgの樹脂吐出量と、最大1700×1300×1020mmの大型かつ高速な造形を実現。同社のプリントシステムは、フィラメントを用いずに一般的な多種の樹脂ペレット材を使用できるため、低コスト化やリサイクル材の活用が可能。

資金調達の目的と使途

エクストラボールドは、シンガポールの大学や研究機関との共同研究で、更なる樹脂吐出量の増大や安定的な造形を実現する全く新しい3Dプリントヘッドを共同開発。今回の資金調達により、新規3Dプリントヘッドの開発を完了するとともに、大型3Dプリンタ最新機種の量産化および販売拡大を目指す。

引受先

プレスリリース


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る