3Dプリント材料用調湿キャビネット「DryBox」

Essentium、3Dプリントフィラメントの調湿ストレージソリューション「DryBox」

独自の産業用3Dプリンタと材料を用いた工業生産のためのアディティブ・マニュファクチャリング(Additive Manufacturing)ソリューションを展開する Essentium は、ドライストレージシステムを開発する ECD(ElectronicControls Design Inc.)と共同で、3Dプリント用フィラメント(材料)調湿キャビネット「DryBox」の発売を発表した。

欠陥のない部品を3Dプリントするためには、材料の生産から保管、プリントに至るまで適切な水分量を制御する必要がある。産業界の多くの顧客のため、一貫したプリント品質の重要性を提案する Essentium と ECD は、あらゆるネットワークデバイスからのアクセス可能なスマートドライストレージ技術を使用したオーダーメイドのフィラメント調湿用キャビネット「DryBox」を開発。
DryBox キャビネットは、卓越した自動調整乾燥技術により、5分以内で庫内の湿度を自動補正し、湿度に影響される材料不良を防止するため、相対湿度を1%以下(露点-40℃以下)に保つことができる。

「DryBox」には、1時間に最大12回まで材料を最適な状態へ回復させることができる自己調整式乾燥技術、設定やパラメータを調整するためのユーザーフレンドリーなタッチスクリーンインターフェース、統合されたウェブサーバー、オンボードデータロギング、ネットワーク接続機能を備えた2種類のキャビネットをリリース。そのひとつ「DB90」キャビネットには、最大24個の750gスプール、8個の2.5kgスプール、6個の15kgスプールを収納可能で、もうひとつのキャビネット「DB270」キャビネットには、72個の750gスプール、24個の2.5kgスプール、18個の15kgスプールを収納することができる。

Essentiumの共同創設者であるブランドン・スウィーニー博士は「私たちは、航空宇宙、鉄道、自動車、電子機器などの規制の厳しい業界の製造業者が、3Dプリント材料を最適な乾燥状態に保ち、保存期間を延ばし、より高品質な部品を安定してプリントできる最適な環境を確保できるようこのドライボックスを設計しました。」と述べている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る