DMM.make「Ultimaker S3」レンタルサービス開始

DMM.make×BRULÉ、Ultimaker S3レンタルサービスローンチキャンペーンを実施

DMM は、DMM.make 3Dプリント事業において、最新のテクノロジーが搭載された3Dプリンタ「Ultimaker S3」のレンタルサービスを開始。これに伴い BRULÉ と共同で、お得にレンタルできるキャンペーンを8月4日(火)~9月30日(水)までの期間限定で実施する。
レンタル申し込みフォーム:https://form.run/@dmmmake-rental-ultimaker

3Dプリンタを購入したものの運用がうまくできない、思ったよりポストプロセスに時間や労務がかかり、遊休資産となってしまっている、という事例が多く見受けられるため、DMM.make3Dプリントサービスでは、購入側、販売側の双方に対し、購入前に検証ができる3Dプリントレンタルサービスの提供を行っている。この度、本レンタルサービスの一環として、コンパクトな筐体で、高品質、複合材に対応するパフォーマンスを提供するデュアルノズル 3Dプリンタ「Ultimaker S3 レンタルサービス」を開始。
「Ultimaker S3」レンタルサービス開始を記念しBRULÉと共同で、通常2週間40000円のところ、4週間40000円でレンタルできるキャンペーンを、8月4日~9月30までの期間限定で開催。

 

「Ultimaker S3」製品概要

「Ultimaker S3」は、よりコンパクトな筐体で、高品質、複合材に対応するパフォーマンスを提供するデュアルノズル 3Dプリンタである。最新のテクノロジーが搭載された「Ultimaker S3」は、パワフルで使いやすいだけでなく、さまざまな企業が社内で3Dプリンティングを採用するために最もコスト効率の高い方法を提供。アクティブベッドレベリング機能により、すべてのプリントに優れた接着性が保証され、同時にセンサーによってプリンティング中に材料の流れを常に監視。「Ultimaker Cura」ソフトウェアと厳密にテストされたプリントプロファイルとを組み合わせることで、より信頼性の高い包括的な生産システムとなる。

Ultimaker S3 の主な機能

・ネットワーク接続:Wi-Fi、LAN、クラウド、またはUSB経由でプリント
・タッチスクリーン:日本語ユーザーインターフェースによる簡単な操作
・先進のアクティブレベリング:ボトムレイヤーの高い接着性、自動制御を実現
・フロントエンクロージャー:プリンティング環境を改善してプリント品質を向上
・フローセンサー:フィラメントがなくなると検知し一時停止、交換後に造形再開可
・簡単なセットアップとモニタリング:NFCによる材料種類と量の認識、モニタカメラ標準搭載
・複合材料への互換性:カーボンやグラスファイバー混合材料などにも対応


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る