3Dプリント人工呼吸器用螺旋バネの作り方

先日に投稿した「日本人医師が「3Dプリント人工呼吸器」製作の協力者募集」にて紹介した、3Dプリント技術を用いた人工呼吸器を供給するためのプロジェクト「COVIDVENTILATOR」を立ち上げた日本人医師 石北直之氏(国立病院機構新潟病院)は、Facebookグループ「COVIDVENTILATOR PROJECT / 3D Printable Ventilator」に、3Dプリント素材から構成される「螺旋バネ」の作り方を公開した。

以下は全て「COVIDVENTILATOR PROJECT / 3D Printable Ventilator」からの引用

 

螺旋バネの作り方

1) ABSフィラメント(φ1.75mm)40cmを準備

2) 上端の穴にフィラメントを通す

3) ガイド溝に沿ってフィラメントを巻きつけていく

4) 最後まで巻きつけたらスリットにフィラメントを挟んで固定

5) フィラメントをカットする

6) 造形物と共に袋に入れ、80℃以上に加熱可能な電気ポット内または保温可能な容器内で15分以上静置する

7) 蓋の端で挟んで固定

8) 取り出す

9) フレームから外す

 

10) 余分な箇所をカットする

11) 完成

VENTに組み込む

以上となる
COVIDVENTILATORプロジェクトに参加予定の方は、是非試してみてもらいたい。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る