Creality、産業用3Dプリンタ「CR-5 Pro」をリリース

Creality、工業グレード品質を実現するデスクトップ型3Dプリンタ「CR-5 Pro」を発表

深センに本拠を置く中国の3Dプリンタメーカー Creality は、最終用途部品生産にも対応できるプロ仕様の新しいFFF方式デスクトップタイプ3Dプリンタ「CR-5 Pro」の発売を発表した。

ハード面における機能強化を図り、エンジニア、研究者、家庭、学校、個人メーカーなど幅広いユーザーにも対応できるように設計された「CR-5 Pro」は、プロ品質の3Dプリントをより身近なものにするという課題に対応するため、Crealityの従来モデル同様の手頃な価格帯を犠牲にすることなく、エンジニアグレードのプリント性能を有している。

剛性と精度が向上した「CR-5 Pro」には、従来モデルとは全く異なるクローズド構造を採用。筐体前面及び左右には、視認性に優れた透明アクリルシートを装備し、プリント中の温度を一定にキープ。より密閉率を高めるためのオプションとして、庫内を完全に密閉させるためのトップケーシングも用意されている。

フィラメントをスムーズかつ安定して供給するために新しく設計されたシングルエクストルーダーは、強力な冷却ファンにより放熱効果を大幅に改善。PTFEチューブを介してフィラメントをノズルまで安定して送り出し、ホットエンドに負担をかけることなく、高速・高精度な3Dプリントを実現。

「CR-5 Pro」の電装品にはATMEL 2560 マスターチップを搭載した静音設計マザーボードを搭載し、スムーズな動きと効果的な放熱、精密な電圧制御を実現。また、MeanWellの24V / 350W電源が、115Vから230V間の電圧調整をサポートし、高速加熱と電気的安全性を同時に確保。

造形エリアは300×225×380mmで、 最大100ミクロンのプリント精度と0.012mmまでのXY軸位置決め精度を実現。簡単に取り外しが用意なカーボランダムガラスプラットフォームは、プリント時の定着性を高め、最下層のプリントから完璧な仕上がりが可能となった。

その他にも、フィラメントセンサー、プリントポーズ&レジュームモード、LED照明などのインテリジェントなサポート機能を搭載しており、プリント中の手間を省くことができる。

 

CR-5 Pro 製品仕様

  • 造形エリア:300×225×380mm
  • レイヤーピッチ:0.1-0.4mm
  • 本体サイズ:530×487×612mm
  • 本体重量:32.5kg
  • 電源:115/230V
  • ファイルフォーマット:STL、OBJ、AMF
  • プリントモード:オンライン、SDカード
  • インターフェイス:4.3インチ タッチスクリーン

尚、2020年3月29日現在では具体的な発売日と価格は未定となっている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る