オートデスク、新型コロナウイルス対策の一環として無料の拡張アクセスを提供

オートデスク、クラウドコラボレーション製品への無料の拡張アクセスを提供

オートデスクは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を鑑み、主要クラウド コラボレーション製品の一部について特別な拡張アクセス・プログラムを提供。
本プログラムの目的は、顧客を有料ユーザーに変えることではなく、困難が増している仕事環境において、ユーザーがより柔軟に対応できるよう、なるべく早くプログラムを立ち上げて利用可能にすることとしている。
プレスリリース:https://www.autodesk.co.jp/press-releases/2020-03-30

プログラムの仕組みは以下の通り

  • オートデスクの一部の製品とサービスに無料でアクセスできるようになります。
  • 対象となる製品とサービスは、BIM 360 Docs、BIM 360 Design、Fusion 360、Fusion Team、AutoCAD Web and Mobile、Shotgun であり、いずれも商業利用を可能とします。
  • Autodesk.com にアクセスし、通常時にオートデスク製品の無償体験に登録する際と同じ手順を踏むことで、このプログラムを利用できます。お客様にこのプログラムを一刻も早く提供するため、Autodesk.com にある既存の製品無償体験の仕組みを活用することとしました。
  • 拡張アクセス プログラムは 2020 年 5 月 31 日までご利用いただけます。引き続き本プログラムの拡張を検討してまいります。

オートデスクの社長兼 CEO、アンドリュー・アナグノストのコメントは次の通りコメントしている「新型コロナウイルスが世界中のコミュニティや家庭に影響を及ぼしている今、私たちは皆、大変な時期を迎えています。オートデスクの最優先事項は、お客様、パートナー様、当社従業員の健康と幸福を維持することです。不安なこの時期に、ビジネスを継続していくうえで皆様をサポートすることは、オートデスクにとって重要です。刻々と変化を続けるこの困難な状況下で調整が必要となっている皆様と皆様のビジネスをサポートするために、オートデスクは全力で取り組んでまいります。ビジネスへの混乱を最小限に抑えることに尽力した結果、オートデスクの稼動時間や世界各地での研究開発には、現在のところ影響が出ていません。オートデスクでは、新型コロナウイルスによる当業界の現状を鑑み、お客様のビジネスへの影響を最小限に留めるためのより良い方法を引き続き探ってまいります。お客様から伺っている課題として、常態となりつつある新しい環境での仕事への適応がございます。ますます多くのチームや従業員がリモート環境で、または自宅から働くようになっており、コラボレーションおよび連携を続ける必要が増しています。本プログラムが、お客様の生産性を保ち、連携を続ける一助となり、お客様が現在直面している課題に対してお役に立つものになれば幸いです。オートデスクは、この困難な時期を通して皆様を全力でサポートしてまいります。」


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る