HP、3Dプリンティングを活用した新型コロナウイルス対策支援を実施

HPとパートナーが3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナウイルス感染症対策への支援を実施

重要部品の生産を促進するために3D設計ファイルを無償で提供

HPとHPがグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に必要な部品の提供を開始した。

すでに3Dプリンティングで製造された1,000点以上の部品が、各地域の病院に届けられている。スペインのバルセロナ、米国のオレゴン州コーバリス、カリフォルニア州サンディエゴ、ワシントン州バンクーバーのHP 3D R&Dセンターでは、世界中のパートナーと協力し、最も緊急性の高い需要に応えるために生産拡大の取り組みを行っている。すでに検証し最終製品化したアプリケーションとして、フェイスマスク、フェイスシールド、マスクアジャスター、鼻腔用スワブ、ハンズフリードアオープナー、人工呼吸器部品がある。また、HPは多くの国の政府、医療機関、業界機関と連携し、効果的な取り組みを実践している。

HPの社長兼CEOであるエンリケ・ロレス(Enrique Lores)は、次のように述べている「HPと当社のデジタルマニュファクチャリングパートナーは、前例のないウイルスとの戦いに一丸となって取り組んでいます。私たちは国境や業界を越えて協力し、最も必要とされている部品を特定し、設計を検証し、3Dプリンティングによる製造を開始しています。最前線で活躍する医療関係者の方々の支援に精力的に取り組む、パートナー様、お客様、コミュニティのメンバー、社員に深く感謝しています。」

 

新型コロナウイルス感染症対策を支援する3Dプリンティング部品

以下、HPより

HPがグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングネットワークの認定パートナーは、3Dプリンティング部品が世界中のあらゆる地域で利用できるように取り組んでいます。本ネットワークに加盟するSOLIZE Products株式会社も、本取り組みに参加しています。

検証および製造された最初のアプリケーションには、次のようなものがあります。

  • ハンズフリードアオープナー:ドアの取っ手は、住宅、病院、工場、高齢者向け施設で最も細菌が繁殖しやすいものの一つです。このアダプターにより、ひじで簡単かつ衛生的にドアを開けることができます。
  • マスクアジャスター:多くの病院スタッフは長時間マスクを着用する必要があります。この留め具により、マスクの着け心地を改善し耳の痛みを軽減します。
  • フェイスシールド:フェイスシールドは、最も必要性の高い防護具の一つです。シールドを装着し快適に着用できるブラケットは、フェイスシールドの重要な部分となります。
  • さらに多くのアプリケーションがテストと検証の段階にあり、以下の製品の生産が間もなく開始される予定です。
  • フィールド人口呼吸器:新型コロナウイルス感染症患者に緊急用人工呼吸として短期間使用するために設計された機械制御のバッグバルブマスク(BVM)用の部品を3Dプリンティングで製造します。単純化された設計により、迅速な製造と組み立てが容易で堅牢かつ簡易な装置を実現します。
  • FFP3フェイスマスク:医療従事者が新型コロナウイルス感染症の予想患者数を治療するためには、効果的な防護具が必要です。HPは医療用フェイスマスクを検証しており、まもなく提供可能となる予定です。

多くの部品の設計デザインを利用可能に

HPとパートナー各社は、簡易な組み立てが可能な多くの部品の検証済み設計ファイルをHPのウェブサイト(https://enable.hp.com/us-en-3dprint-COVID-19-containment-applications)で無償提供しています。

新型コロナウイルス感染症対策への支援を希望する3D設計と開発に携わる方は、HPのウェブサイト(https://enable.hp.com/us-en-3dprint-COVID-19-containment-applications)から新しいアプリケーションやアイデアを提供することができます。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る