有害物質を無害な物質に変換するフィラメント「Purifier」

3DFS、二酸化炭素や有害物質を無害な物質に変換する3Dプリンタ用フィラメント 「Purifier」シリーズの販売を開始

スペインの3Dプリント用フィラメントメーカー Recreus は、環境への貢献を目的とした革新的な3Dプリンタ用フィラメント「Purifier」シリーズをリリース。3Dプリンタ用材料専門ショップ 3DFS id.arts にて同シリーズの発売を開始した。

毎日、数百万トンもの二酸化炭素(CO2)や有害な揮発性有機化合物(VOC)が大気中に放出され、気候変動による危機が増す中、3Dプリント業界では、他の多くの企業と同様に、二酸化炭素排出量と合成ポリマーの使用量を削減するための持続可能な取り組みが盛んになっている。今回 Recreus からリリースされた2種類の「Purifier」シリーズフィラメントは、何れも環境への貢献を目的として開発された特殊な素材から出来ており、このフィラメントを使ってプリントされた部品は、二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)などの有害物質を、環境に無害な鉱物粒子に変換することができる。

Purifierフィラメントで作られた3Dプリント部品は、CO2、NOx、VOCを表面に付着させ、触媒作用と光触媒作用のプロセスを経て、環境にも人間にも無害な炭酸カルシウム(CaCO3)、炭酸マグネシウム(MgCO3)、炭酸第一鉄(FeCO3)に変換する。

Purifier の変換プロセス

STEP 1
Filaflex PurifierとPLA Purifierでプリントされたパーツには、最新の技術であるガスの無機化機能が施されている。

STEP 2
この革新的な技術により、Purifierフィラメントでプリントされた部品表面に付着した、CO2、NOx、VOCs粒子が変化。

STEP 3
触媒作用と光触媒作用により、有害な粒子を無害な粒子に変換。

STEP 4
温室効果ガスや有害ガス(CO2、NOx、VOC)由来の粒子が、環境に無害な鉱物粒子に変化する。

今回発売を開始した「Purifier」シリーズは、Recreusの弾性フィラメント「Filaflex」をベースに開発された伸縮性のある弾性TPE(熱可塑性エラストマー)フィラメント「Filaflex Purifier」と、低コストで汎用性の高い「Recreus PLA」をベースとした、非常にプリントしやすく、優れた機械的特性を備えた「PLA Purifier」の2種類となる。

Filaflex Purifier の特徴

  • CO2や有害ガスの削減に貢献するサステナブルなフィラメント
  • 温室効果ガスを無機化し、環境に優しい鉱物粒子に変換する機能
  • ショア硬度82A
  • 650%ストレッチ
  • 高い伸縮性
  • 溶剤、燃料、アセトンに強い
  • 無臭
  • ホットベッドが不要

商品の購入はこちらから:https://3dfs.idarts.co.jp/items/53534741

PLA Purifier の特徴

  • CO2や有害ガスの削減に貢献するサステナブルなフィラメント
  • 温室効果ガスを無機化し、環境に優しい鉱物粒子に変換する機能
  • 環境の浄化
  • マットな仕上がり

商品の購入はこちらから:https://3dfs.idarts.co.jp/items/53800933


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る