Wohlers Report 2020年のAM業界成長率を発表

AM業界の調査会社は最新のレポート「Wohlers Report 2021」でAM業界の成長率7.5%と発表

20年以上に渡りアディティブ・マニュファクチャリング(Additive Manufacturing 以下 AM)市場に関する調査レポートを発行するコロラド州の独立系コンサルティング会社 Wohlers Associates は、3DプリントとAMの状況に関する最新のレポート「Wohlers Report 2021」を発表した。

この最新レポート「Wohlers Report 2021」の作成には、サービスプロバイダー124社、AM機器(3Dプリンタ)メーカー113社、サードパーティ製材料メーカー24社が協力。その他本調査内容として34カ国から88名の専門家から提供されたトレンド、展望、予測などの資料が含まれている。
本レポートによれば、2020年のAM業界の成長率は7.5%、金額にして約128億ドル(約1兆3千9百億円)としており、過去10年間の平均成長率27.4%と比較すると、成長率は大幅に低下したとしている。また本レポートでは、一部の老舗AM機器(3Dプリンタ)メーカーを除き、多くのメーカーが機器類の販売数を減少させたが、2020年の業界全体の成長を支えたのは、AMサービスプロバイダーによるビジネスの増加であるとしている。以下のグラフは、全世界の独立系サービスプロバイダーによる成長(7.1%)を示すもので、この分野における収益は約53億ドル(約6千3百億円)に達している。

更に本レポートには、AM業界におけるシーズ段階への投資74件と、35件の買収および株式公開に関するコメントが含まれており、AMベンチャー企業や既存企業が多額の資金調達に成功していることを示している。
その一例である Desktop Metal は、買収企業との合併の一環として5億7500万ドル(約6百30億円)を調達し、2020年12月に株式公開した同社の時価総額は現在2021年2月に75億ドル(約8千2百億円)を超えている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る