紙をテーマにした3Dプリント作品展開催中

3Dプリントオブジェクトで表現された紙を使わない紙作品『un-printed material』

un-printed-material-nendo

世界的にも有名なデザインオフィス「nendo」(代表:佐藤オオキ)は、銀座クリエイションギャラリーG8にて「紙」をテーマにした新作個展『un-printed material』を開催。

un-printed-material-nendo-2

2016年10月12(水)~11月17日(木)まで開催される『un-printed material』は、「ポスターのないポスターの展覧会」というアイデアの元、3Dプリント技術により紙の微細な輪郭を表現する3Dプリントオブジェクトを展示。

un-printed-material-nendo-3

展示される3Dプリントオブジェクトが、紙の「リンカク」のみを抽出し、紙を使わずに「紙」を表現した「un-printed(印刷をしていない)material(物質)」展。
同会場では、紙を折ったり丸めたりした後に残る「クセ」や、破れた切り口の表面が層状に剥離した痕跡など、そのわずかな表情を捉えて丁寧に表すことで、誰もが一度は感じたことがある「紙らしさ」の表現を試みている。

un-printed-material-nendo-10 un-printed-material-nendo-7
1mm太さで造形されたポストカードサイズの3Dプリントオブジェ

un-printed-material-nendo-15
3mm太さで造形されたA1ポスターサイズの3Dプリントオブジェ

DMM.make 3Dプリントサービスは、今回のun-printed materialにて3Dプリントオブジェクトの生成などに協力している。

『un-printed material』

  • 会期:2016年10月12(水)~11月17日(木)
  • 時間:am11:00~pm7:00(日曜・祝日休館)
  • 入場:無料
  • 会場:クリエイションギャラリーG8(東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル 1F)
  • 協賛:DMM.make、落合製作所、MAXRAY

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る