ダンサーの動きに追従した美しい3Dプリントアート

The Chemical Brothersの新曲PVで踊る美しい3Dプリントアートダンサー

Wide-Open-3d-print-art-1

The Chemical Brothers約5年ぶりの新アルバムとして2015年夏にリリースされた『Born in the Echoes
同アルバムに収録されたBeckとのコラボ曲「Wide Open」のミュージックビデオが公開されました。

PVに登場する美しいダンサーが、踊りながら徐々に「3Dプリントアート」に変身。というコンセプトで造られたPVは、ダンサーの全身をフルボディ3Dスキャンし製作したCGモデルに、107個のリグを組込みアニメーションをコントロール。
映像中盤から徐々に身体の一部が3Dプリントメッシュ構造のように変化し、最後には全身がメッシュ構造となり、3Dプリントオブジェのような姿となって静止…。

Wide-Open-3d-print-art-5

背景となるスタジオ全体もスキャンされ、3Dプリントされたボディへと変化する美しいダンサーの動きを見事に表現しています。
これだけの映像となると、相当高度なトラッキング&マッチムーブ技術が必要になると思いますが、製作チームはこの映像のために幾つかの専用ツールを用意。膨大な量のフレーム処理をある程度自動化することに成功。

今回の映像で魅惑的なダンスを披露してくれたのは、東京生まれでイギリス、アイルランド、アルゼンチンなどの血を引く日系英国人『SONOYA MIZUNO』さん。
CG技術も素晴らしいですが、SONOYA MIZUNOさんの踊りの美しさに目を奪われてしまいますね。

Wide-Open-3d-print-art-4

楽曲が収められたアルバムBorn in the Echoesはこちら

Born in the Echoes


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る