3Dプリントパーツを用いた家具コレクション

英国家具ブランドが複雑な3Dプリントパーツを適用した家具コレクションを発表

morgan_rio-3d-print-funiture-2

高品質のインテリアソリューションを提供する「Morgan Furniture」は、ロンドンベースのデザインスタジオ「studio INTEGRATE」とコラボレートし、3Dプリント技術を利用した商業用家具「Rio」コレクションを発表した。

morgan_rio-3d-print-funiture-5

Rioシリーズは、木材や布をベースに構成された家具の一部に、数学的アルゴリズムを用いて生成した複雑な形状の3Dプリントパーツを組み込んでおり、意匠性を重視しつつ十分な強度を有したパーツを組み込んだ家具コレクションとなっている。

morgan_rio-3d-print-funiture-4

椅子の背もたれや、テーブルのセンター(ガラス天板下のパーツ)に適用された3Dプリントパーツは、SLS方式で造形されたポリアミド素材の物で、一点当たり約24時間掛けて造形されている。

morgan_rio-3d-print-funiture-6

テーブルシリーズでは、ガラストップを支える部分にキレイに仕上げ加工された3Dプリントパーツ(ポリアミド)を用いている。

morgan_rio-3d-print-funiture-3

同コレクションは、9月に開催されたロンドン・デザイン・フェスティバルで正式発表され、大きな反響を呼んでいる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る