全身3Dスキャナーキット「Super Light 3D Photo Scan Kit」販売開始

DiGITAL ARTISAN、安価な全身3Dスキャナキット「Super Light 3D Photo Scan Kit」の販売を開始

DiGITAL ARTISAN は、全身を一瞬で3Dスキャン可能な3Dフォトスキャナ「Super Light 3D Photo Scan」の組み立てキット「Super Light 3D Photo Scan Kit」の販売を開始した。

「Super Light 3D Photo Scan」は、1/200 秒で全身を撮影し、撮影した写真データから一体あたり約10分で3D モデルデータを作成できる全身3Dスキャナで、AR/VRでの使用や3Dプリンタによるフィギュア作製などに適したデータを簡単に制作できる。本システムは組立式のため、イベント会場などに運び込むことができる。

撮影から3Dモデル化までのスキャンプロセスを自動化したことで、高度な専門知識を必要としないオペレーションを可能にしつつ、高額な費用を要した従来の全身フォトスキャナーと比較して、大幅なコストダウンを実現。
DiGITAL ARTISAN はこれまでに、完全組み立て型で納品される量産版「3D GATWAY」と、フレーム組み立て式の簡易版「Super Light 3D Photo Scan」の2つを販売しており、全身スキャンでは常識を打ち破る低価格化を実現。これらを提供する中で、施設・組織によってスキャンへの様々なニーズがあることが分かり、柔軟な対応を可能にするべく提供のハードルをさらに下げたキットでの提供を開始した。

 

「Super Light 3D Photo Scan Kit」のキット内容

  1. 撮影環境・予算に合わせ、100~200個のカメラモジュールとそれらをつないで撮影を同期する撮影システムをベースキットとして提供。
  2. さらに組み立てに必要なフレーム・照明などを希望する場合は、発注者の設置場所・スキャンに関する要望を担当者がヒアリングしつつ、適切な機材をパッケージングして提供。

カメラモジュールの販売形態としては、カメラ単体での納品の他、カメラを取り付けた柱モジュールとしての販売も可能。柱モジュールにすることで、円形での組み立て・設置がより簡便になり、そのまま柱モジュールごと運搬も可能になる。撮影ソフトには自社開発したソフトウェアを提供しており、現在の検証結果として最大200台のカメラモジュールを完全同期での同時撮影が可能になる。

これまで DiGITAL ARTISAN は、様々な企業・教育機関にフォトスキャン筐体を納品してきており、様々な施設に導入を行い、そのたびに異なる使用方法・設置環境に答えた納品を行ってきた。その知見をもとに、適切な設置アドバイスを行っている。​この「Scan Kit」販売による一号機はすでに神戸芸術工科大学 映像表現学科 中安翌教授の研究室へ納品を行っており、現在組み立てを進めている。
本キットはベースキットのみで250万円(税抜き)からの提供となっており、組み立てに関するサポート・その他組み立てオプションでの追加料金を検討している。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る