500個の3Dプリント部品を採用したスーパーカー「Radford 62-2」

Radford、3Dプリント技術を利用してヴィンテージスーパーカー「Lotus 62」を復刻

元F1パイロットで英国人レーシングドライバーのジェンソン・バトン(Jenson Button)および英国のテレビ司会者アント・アンステッド(Ant Anstead)等によって復活した英国のコーチビルダー Radford(ラドフォード)は、1969年製ロータス「タイプ62(LOTUS Type 62)」をオマージュしたミッドシップ・スポーツカーで、500個の3Dプリント部品を搭載した「ラドフォード・タイプ62-2(Radford Type 62-2)別称 ロータス・タイプ 62-2(Lotus Type 62 2)」を発表した。

タイプ62-2は、世界限定62台生産のミッドシップ・スポーツカーで、ラドフォードはこの限られた台数分の部品を製造するため、米国の3Dプリンタメーカー Stratasys(ストラタシス)と協力。ストラタシス・ダイレクト・マニュファクチャリング部門に対し、各車両に必要な500以上のパーツの3Dプリントを依頼。またロータスは、デザインの詳細に関する情報を提供するだけでなく、製造においてもラドフォードをサポートし、より完成度の高いタイプ 62-2を完成させた。

一台一台、オーナーの好みに合わせてカスタマイズが可能なタイプ62-2は、カスタマイズの余地が大きいため、3Dプリントによるワンオフ生産が必要となる。採用された3Dプリント部品の詳細について公表はされていないが、車体の軽量化に重点を置いて開発されたタイプ62-2は、アルミニウム製シャーシとカーボンファイバー製ボディを採用し、目標車体重量2,204ポンド(1,000kg弱)を確実に下回ることに成功。

限定生産されるタイプ62-2には、スーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンを標準搭載。ただし、その性能は装備のバリエーションによって異なり、クラシックバージョンは430bhp、12台のみ提供されるゴールドリーフ装備モデルは500bhpに達する。またラドフォードによれば、スーパーチャージャーをアップグレードすることで、最大600馬力に達するJPSバージョンもラインアップされる。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る