高生分解性酢酸セルロースを用いたフィラメント

Nature3Dとネクアス、高生分解性酢酸セルロースを用いた3Dプリンタ用フィラメントの販売を開始

生分解樹脂、バイオマス素材を中心とした3Dプリンタ用特殊フィラメントを製造販売する Nature3D と、自然由来の素材を活用し、バイオマス及び生分解特性を有する複合材料の開発製造する ネクアス は、酢酸セルロース系バイオマス生分解性複合材料「NEQAS OCEAN」をベースとする3Dプリンタ用フィラメント「高生分解性 酢酸セルロースフィラメント C38TS」を開発し、販売を開始した。

酢酸セルロースは、植物由来のセルロースと酢の主成分である酢酸が原料であり、高生分解性の環境にやさしい素材で、木材や紙同様の生分解性があり、自然環境中で分解する。今回リリースされた「NEQAS OCEAN」は、酢酸セルロースに独自技術で可塑剤を配合した新しい樹脂コンパウンドで、自然や動植物への環境影響がないことが確認されている安全性の高い原料のみを配合。従来の酢酸セルロース系樹脂と異なり、可塑剤も生分解する特徴がある。

現在、生分解性樹脂として「PLA(ポリ乳酸)」樹脂が広く使われているが、PLA樹脂は、55℃を下回る温度環境下では分解が進みにくく、自然環境中では生分解する条件が整わない場合があることが知られている。今回開発した高生分解性酢酸セルロースフィラメントは「NEQAS OCEAN」をベースとしており、生分解性についての課題をクリアしうるものとされている。さらに3Dプリンタ用フィラメントへの展開に当たり、ミネラルの添加によって低吸湿・低反りなどの特性を付与し、従来の酢酸セルロース系樹脂比較での造形安定性を向上させている。

今回開発のフィラメントの使用により、高い生分解性、高い形状自由度を持つ3Dプリント造形品を得ることが可能になった。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る