Meat-Tech 3D、動物の脂肪細胞からバイオ肉を3Dプリント

Meat-Tech 3D、動物由来の筋肉と脂肪細胞で食用代替肉を3Dプリント

食品業界の変革を目指すイスラエルのスタートアップ Meat-Tech 3D は、3Dバイオプリント技術を利用して、食用合成肉の3Dプリントに成功。

人口の爆発的な増加に伴う肉および肉製品のタンパク質消費量が急増する中、家畜への需要は、環境、健康、財政、倫理に大きな問題を引き起こしている。Meat Tech 3D は、3Dプリント技術を統合した産業用養殖肉生産プロセスを開発することにより、工業化農業の代替案を開発し、従来の畜産を取り巻く倫理的および環境的問題を回避することを目指している。

動物に害を与えずに食用肉を提供することを目的とした「Project Carpaccio」と名付けられたプロジェクトは、Meat-Tech 3D 独自の3Dプリンティングプロセスを用いて幹細胞を脂肪細胞と筋肉細胞に分化させ、同社の3Dバイオプリンティング技術を利用して細胞を高精度に配列し、それが合体して脂肪と筋肉を含む組織へと成長することを実証。

複数の細胞タイプからなる薄い層を、3Dプリント技術を用いて作り出すことで、無屠殺の食肉生産工場を開発することが可能であることを証明した。

イスラエルでは現在、Meat-Tech 3D の他、新世代の代替肉製品を開発するイスラエルのスタートアップ SavorEat など、複数の企業が3Dバイオプリンティング技術を利用した代替肉の開発などを行っている。
3Dフードプリンティング関連記事はこちら

 

3D Food Printing(3Dフードプリンティング)」に特化した各種サービス

id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、これまでに3Dフードプリンターの販売や関連サービスのコンサルティングを数多く手掛けており、その経験を活かした3Dフードプリンティングに特化した各種サービスをご用意しています。
詳しくはこちら:https://idarts.co.jp/3dp/3d-food-printing/


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る