フード3Dプリンティング市場の成長率

フード3Dプリンティングの世界市場は2027年までに年平均成長率54.65%で成長すると予想

市場調査会社 Report Ocean(レポートオーシャン)は、世界のフード3Dプリンティング市場は2020年に約813万ドル(約9億8千万円)と評価され、2027年(予測期間2021-2027年)までに年平均54.65%以上の成長率で成長すると予測する最新のレポートを発表した。

フード3Dプリンティングは、水分、構造、安定性、口当たり、流動性の制御など、食品に様々な品質を提供するために使用される技術であり、世界のフード3Dプリンティング市場は、人口増加とともに拡大している。市場および消費者データを専門とするドイツ企業 Statista によれば、食品市場規模は2019年の6兆9500億ドルから2025年には9兆1000億ドルに増加すると予測しており、フード3Dプリンティングの需要を促進するための民間企業による戦略的イニシアティブが高まっていることも重要な推進要因としている。

例えば、2021年11月にはイスラエルのスタートアップ Redefine Meat が、3Dプリントされた植物由来の肉を発売。2021年8月には、SavorEat がフードサービスの提供や施設管理事業を展開するフランス企業 Sodexo と提携して、2022年から米国の大学にハンバーガーなどをプリントする「Robot Chef」フード3Dプリンタを配備するパイロットプロジェクトを開始している。さらに、ビーガン食品の拡大や食品に関する研究開発活動の増加、栄養食品に対する需要の高まりは、世界のフード3Dプリンティング産業に新たな機会を提供するとされている。


SavorEatの「Robot Chef」:関連記事

フード3Dプリンティングの世界市場の地域分析は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域に基づいており、北米では、製菓・ベーカリー製品の増加や大手食品メーカーの存在により、市場シェアにおいて世界の主要地域となっている。一方、アジア太平洋地域は、レストラン数の増加やカスタマイズされた食品への需要の高まりにより、予測期間2021-2027年に最も高いCAGRを示すと予想されている。


Redefine Meatの代替肉製品:関連記事

本調査の目的は、近年における様々なセグメント&国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することであり、本レポートは、調査対象となる各地域・各国における産業の質的・量的な側面を取り込むように設計されている。さらに、市場の将来的な成長を規定する駆動因子や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供している。


Plantishの3Dプリントサーモン:関連記事

本レポートでは、主要企業の競争環境とソース提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのミクロ市場で利用可能な機会も組み込まなければならず、市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明している。

製品タイプ別

  • チョコレートとコンフェクショナリー
  • ベーカリー
  • 肉類・魚介類
  • その他

エンドユーザー別

  • 官公庁
  • 商業
  • 家庭用
3D Food Printing(3Dフードプリンティング)」に特化した各種サービス

id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、これまでに3Dフードプリンターの販売や関連サービスのコンサルティングを数多く手掛けており、その経験を活かした3Dフードプリンティングに特化した各種サービスをご用意しています。
詳しくはこちら:https://idarts.co.jp/3dp/3d-food-printing/


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る