MeaTech幹細胞から筋繊維を開発

MeaTech、幹細胞から筋繊維を開発し培養肉のマイルストーンを達成

独自の3Dバイオプリンティング技術を用いた持続可能な培養肉製品を開発するイスラエルの食品ベンチャー MeaTech は、幹細胞から筋繊維への分化プロセスの進展を実証したと発表した。

MeaTechは新たな研究成果として、養殖肉の主な特徴を反映するところまで生きた筋繊維の形成を達成。これを実現するため同社は、牛の幹細胞を分離して実験室で増殖。その後この細胞を成熟した筋肉細胞に分化させ、筋繊維の密度、太さ、長さを改善することに成形した。


3Dプリンタで成形された代替肉ステーキ

細胞培養した肉製品を3Dプリントする独自の特許技術を有し、動物の肉を丸ごと再現する技術を研究開発するMeaTechは、2021年9月に、植物由来の材料を用いて胚性間葉系幹細胞(eMSC)を脂肪細胞に変化させる新しい幹細胞操作技術を開発。この技術は、リブアイステーキのような肉の切り口を貫く脂肪構造である筋肉内脂肪を複製するために使用できる可能性がある。

3D Food Printing(3Dフードプリンティング)」に特化した各種サービス

id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、これまでに3Dフードプリンターの販売や関連サービスのコンサルティングを数多く手掛けており、その経験を活かした3Dフードプリンティングに特化した各種サービスをご用意しています。
詳しくはこちら:https://idarts.co.jp/3dp/3d-food-printing/


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る