マーカー不要のハンドル型3Dスキャナー「TRACKSCAN-P42」

マーカーを必要とせずあらゆるスキャン状況に対応したハンドル型3Dスキャナー「TRACKSCAN-P42」

3Dスキャナーブランド「SCANTECH」の正規代理店である APPLE TREE は、マーカーレスで計測できるハンドル型3Dスキャナー「TRACKSCAN-P42」の発売を開始。2022年1月26日から東京ビッグサイトにて開催される TCT JAPAN2022 にて、同製品を展示する。

TRACKSCAN-P42 の特徴

  • マーカーレスで対象物をスキャン
  • 多種多様なスキャン機能
  • 大型対象物でも高精度スキャン
  • 強力な干渉防止機能

マーカーレスで対象物をスキャン

「TRACKSCAN-P42」は、形状を認識するために用いれるマーカーを使用せずに対象物の測定データを取得することができるため、マーカー添付や取り外しの必要がなく、作業効率が大幅にアップ。

多種多様なスキャン機能

「TRACKSCAN-P42」は、以下の3種類の作業モードを搭載。

  • 高速スキャンモード
  • 高解像度スキャンモード
  • ディープホールスキャンモード

「高速スキャンモード」では、17本のクロスブルーレーザーにより、最大190万回/秒の高速スキャンを実現。「高解像度スキャンモード」では、7本の平行ブルーレーザーにより高精度な測定が可能。「ディープホールスキャンモード」では、1本のブルーレーザーにより、深穴や死角など測定が困難なエリアでの測定ができる。
これらの作業モードを自由に切り替えられるため、品質管理・製品開発・リバースエンジニアリングなどのあらゆるスキャン状況にも対応可能。

精度・解像度

  • 精度:0.025mm
  • 最大体積精度
    (9.1m³):0.064m
    (16.6m³):0.078mm
  • 最大解像度:0.020 mm

大型対象物でも高精度スキャン

「TRACKSCAN-P42」は、光学式トラッカー「M-Track」に内蔵されているカメラと赤外線レーザーにより、測定範囲を最大約16mまで拡張できるため、拡張された範囲まで常にトラッキングが可能で、車のような大型の対象物に対しても精度の高い形状取得が可能。

強力な干渉防止機能

「TRACKSCAN-P42」には強力な干渉防止機能が搭載されているため、直射日光や熱変動による干渉に抵抗し、あらゆる環境下でも正常に計測することができる。さらに、測定が難しい黒色や光沢のある素材に対しても、粉末スプレーなしで計測することが可能。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る