炭素繊維強化「PET-G CF」フィラメント発売開始

Recreus、炭素繊維強化の3Dプリント用フィラメント「PET-G CF」を発売

スペインの3Dプリント用フィラメントメーカー Recreus は、PET-G(ポリエチレンテレフタレートグリコール)をベースとしたカーボンファイバー(炭素繊維)強化フィラメント「PET-G CF」をリリース。3Dプリンタ用材料専門ショップ 3DFS id.arts でも販売を開始した。
商品購入ページ:https://3dfs.idarts.co.jp/items/58285098

2022年Recreusは、最先端の材料で製品ポートフォリオを拡張するための第一弾として、PET-Gをベースに、カーボンファイバー(炭素繊維)ナノ粒子を組み込んだフィラメント「PET-G CF」をリリース。

耐薬品性や引張特性が高く、軽量で高温にも耐えられるカーボンファイバーは、軽量化が性能と燃費の向上につながる自動車や航空機の分野において、金属に代わる素材として注目されている。カーボンを混合した「PET-G CF」は、PET-Gのプリントのしやすさや、ABSに匹敵するその他の特性を犠牲にすることなく、カーボンの優れた重量対強度比を有している。
PET-G CF」は、従来のPET-Gに比べ、弾性率が3倍、引張強度5倍の性能を持ち、耐摩耗性、耐衝撃性、耐熱性、耐低温性において優れた性能を発揮する。また、同製品は静電気防止素材でもあり、耐薬品性、流動性に優れ、収縮率が非常に小さいため、一般的なFDM/FFF方式3Dプリンタでプリントすることができる。

PET-G CF の特徴

  • 耐衝撃性・耐摩耗性
  • 耐薬品性
  • 高熱抵抗
  • 高粘度・低密度
  • 延性
  • 静電散逸
  • 良好な流動性
  • 低収縮率
  • ほとんどの3Dプリンターとの互換性
  • マットな仕上がり

PET-G CF 仕様

  • エクストルーダー温度(メーカー推奨値):245~260℃
  • プリント速度(メーカー推奨値):40〜60 mm/s
  • ヒートベッド温度(メーカー推奨値):70℃
  • リトラクション速度:20~50mm/s

「PET-G CF」はPET-Gを含んでいるが、カーボンによる摩耗からノズルを保護するため、一般的な真鍮製ノズルではなく、硬化鋼やルビー製ノズルに交換することが推奨されている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る