味の素が培養肉スタートアップSuperMeatに出資

味の素、細胞培養技術による持続可能なフードシステム構築を目指しスーパーミートに出資

日本の食品大手である味の素は、コーポレートベンチャーキャピタル案件として、培養肉の開発・製造を手掛けるイスラエルのフードテックベンチャー SuperMeat the Essence of Meat Ltd.(以下 スーパーミート)との業務提携に向け、同社へ出資したことを発表した。これにより、スーパーミートが持つ培養肉の開発技術や知見と、味の素独自のバイオ医療や発酵に関するR&D技術、呈味や食感などのおいしさ設計技術を組み合わせ「食と健康の課題解決」の実現に貢献するとしている。

以下、味の素プレスリリースより

世界中で高まる動物性たんぱく質の需要やその生産に伴う環境負荷等を背景に、植物肉や培養肉など代替肉が注目されている。この内培養肉の市場については2025年に約20億米ドル、2030年には約250億米ドルまで伸長するとの試算も報告されている(マッキンゼーレポート 2021年6月より)
一方で、培養肉を開発・製造するスタートアップ企業の多くは自社技術の実証実験の段階にあり、一部の企業が限定的な販売や、商業スケールの製造施設の建設・稼働の準備を行っているというのが現状である。スーパーミートは、培養肉開発において先行する企業の一つであり、独自の細胞株による増殖・分化や技術の実証、パイロットプラントに併設する飲食施設でのメニューの受容性テストの実施など、培養肉開発に関わる一連の機能、および将来的な商業化を見据えた経験と実績を有している。今後、味の素はスーパーミートが2年以内に予定する培養肉の商業化に向けた課題解決を支援すると共に、培養肉に関連する新技術・素材の開発を進めるとしている。

味の素は、2020-2025中期経営計画において、食と健康の課題解決企業を目標として掲げており、たんぱく質供給の課題に対し、培養肉は、豊かな食生活を維持しつつ食資源確保や環境負荷低減につながる解決策の一つであると認識。アミノ酸技術を原点として再生医療・食品分野で培った当社の技術・製品(成長因子、アミノ酸、天然系調味料等)を活用し、培養肉企業との協業で、生産者から消費者までの持続可能なフードシステムの構築を目指すとしている。

3D Food Printing(3Dフードプリンティング)」に特化した各種サービス

id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、これまでに3Dフードプリンターの販売や関連サービスのコンサルティングを数多く手掛けており、その経験を活かした3Dフードプリンティングに特化した各種サービスをご用意しています。
詳しくはこちら:https://idarts.co.jp/3dp/3d-food-printing/


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る