製造を効率化させるAIソフトウェア「Blacksmith」

3D Printing Corporatin、製造を効率化させるMarkforgedの最新AIソフトウェア「Blacksmith」発売

3D Printing Corporation は、アメリカの3Dプリンタメーカー Markforged による製造を効率化させる最新の人工知能(AI)ソフトウェア「Blacksmith」を2021年3月19日より販売開始した。

これまで、設計通りの正確な部品を製造するには人による確認が不可欠だったが、人が部品の正確性を確認しない限り、製造した部品が設計時と異なっている場合でも機械は誤った部品を作り続けることになる。そのため、人による確認と修正の繰り返しによる時間と人件費が掛かっていた。この度、同社が販売を開始するMarkforgedの最新ソフトウェア「Blacksmith」は、AIを通じて学習し、3Dプリンタで製造する部品が設計通り正確に製造されるよう、入力データの寸法を自動で調整。これにより、人による確認ならびに修正にかかる時間とコストを削減することができ、製造を効率化。現在BlacksmithはMarkforgedの複合材料3Dプリンタ「X7」での使用が可能となっている。

X7 3D printer

Blacksmithの特徴

Blacksmithは、部品の設計・3Dプリンタによる製造・検査を結びつけ、製造の自動化へと近づけるAI搭載のソフトウェア。

  • AIを通じて、設計を分析し、部品をスキャンして得たデータとの比較を行い学習。自動でデータを調整し、3Dプリンターで設計通りの部品を製造可能。
  • 部品を3Dプリンタ―で造形する度に学習し続けるため、正確かつ精密な部品の製造を実現。
  • 造形中に部品をスキャンするレーザー計測機能を搭載した3Dプリンタ―「X7」と併せて使用することで、部品の内部構造や重要な機能を同時に検査が可能。

関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る