驚異的な造形精度を実現した「Infinity X1 SPEED」

3DPSは圧倒的な造形品質を実現したFFF方式3Dプリンタ『Infinity X1 SPEED』の販売を開始

3Dプリンタおよび関連ツール専門ショップ「3DPS id.arts」では、台湾の3Dプリンタメーカー Infinity 3DP の高性能3Dプリンタ『Infinity X1 SPEED』の取扱いを開始しました。

厳選された高品質パーツから組み上げられた「Infinity X1 SPEED」は、誤差5μm(0.005mm)の高精度な送りねじ、アルミ合金リニアガイド、ドライリンベアリングを使用したZ軸構造が、造形時のブレを極限まで減らし、FFF/FDM方式3Dプリンタの常識を覆す驚異的な造形精度により、積層跡の目立たない滑らかな表面仕上げを実現します。

Infinity X1 SPEED 主な特徴

厳選されたパーツ類

Z軸構成:送りネジ+アルミ合金リニアガイド+ドライリンベアリング
THK製 リニアボールスライド(Aランク)
IGUS社製バックラッシレスナット
誤差5um(um = 0.001ミリメートル)の送りネジ
これらの信頼性の高い高品質パーツにより、造形時のブレを極限まで減らします。

 

0.9°ステッピングモーター(通常1.8°)

通常ステッピングモーターは1.8°の物が使用されていますが、X1 SPEEDは業界初の0.9°のステッピングモーターを搭載。この差は曲面造形時に大きく表れ、1.8°では曲面上の2点を結ぶ際に真っ直ぐ進むところを、0.9°では更に細かく刻んで移動します。これにより表面の解像度が2倍になります。

 

INFINITY3DP GT80

メーカー独自開発のチップにより、造形品質をさらに向上させています。

 

その他特徴

ABSやPLAだけではなく、柔らかい素材(TPU)でも高品質な造形が可能。

また、停電などでプリンタが止まってしまった際に、後から造形を再開することが出来る機能を内蔵。FFF/FDMプリンタ最大の特徴である安価なランニングコストとメンテナンスの行いやすさはそのままに、造形物の美しさのみを向上させた高性能の3Dプリンタです。

 

Infinity X1 SPEED スペック

  • 製品名:Infinity X1 SPEED
  • 最大造形サイズ: W210xD210xH240mm
  • 最小積層ピッチ:0.02mm
  • プラットフォーム加熱:110℃まで(6分で加熱)
  • ステップモーター:0.9°/ ステップ
  • ノズル耐熱:300℃まで
  • モーター駆動チップ:Infinity GT80
  • X/Y軸駆動機構:THKリニアボールスライド
  • TPE造形:対応
  • インターフェース:SDカード、USB
  • 電源:100-240AC 320W
  • 電圧:DC24V
  • 本体寸法:W355 x D310 xH 474mm
  • 本体重量:10.7kg
  • その他:誤差5umの送りネジ、電源復帰後の継続プリント可、造形中にZ軸調整可
  • 推奨フィラメント:SPIDER MAKER マットPLA

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る