ラトルズ、3Dプリンタの自作入門書を発刊

3Dプリンタの自作を目指すための入門書「キットではじめる3Dプリンタ自作入門」

ラトルズは、FFF方式3Dプリンタを自作するための入門書となる「キットではじめる3Dプリンタ自作入門(著者 吹田智章)」を発売する。

本書は、3Dプリンタの仕組みを知りたい、3Dプリンタのを自分で組み立てたい、修理できる知識が欲しい、そんな「モノ作りが大好き」、「機械いじりが大好き」といったユーザーに向け、3Dプリンタの次作に必要となる情報やノウハウをまとめた一冊となっている。

 

2019年現在、市場には数多くのホビー用3Dプリンタが出回っており、安価な中国製キットであれば2万円台から入手が可能となり、多くのパーツを安価に入手することも容易となった事から、キットのみならず自作修理、改造などを楽しむ事も可能になってきた。
1台の3Dプリンタを組み立てれば、フィギュアやモデル、ジオラマの部品の作成、電子工作の試作などで完成度をより高める部品を作成することもできる。また、そこで得た知識と新しい部品を製作することで、更に2台目のプリンタを生み出す事や、新しい機能を追加することも可能となる。

購入者特典として、本書に収録しきれなかった「Part10 資料編」が配布される。

目次
Part 1 予備知識編
Part 2 工作ツール編
Part 3 3Dプリンタメカ編
Part 4 電気部品編
Part 5 3Dプリンタキットを組み立てる
Part 6 ファームウェア編
Part 7 ソフトウェア編
Part 8 印刷編
Part 9 機能アップ編


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る