造形物から3Dプリンタを識別するシステム「PrinTracker」

個々の3Dプリンタ固有の特徴から3Dプリントされた銃や偽造品を追跡する技術「PrinTracker」

ニューヨーク バッファロー大学の研究チームは、3Dプリントされた造形物と造形を行ったソースマシンを物理的にリンク(トレース)するための3Dプリンタ識別システム「PrinTracker」を開発した。

バッファロー大学のコンピュータ科学准教授Wenyao Xu氏は、同じ仕様で量産された3Dプリンタにも「指紋」の様な僅かな個体差があることに着目し、10台のFDM方式マシンと、4台のSLA方式プリンタの計14台を使用し、「PrinTracker」と名付けられた3Dプリンタ識別システムをテスト。

Wenyao Xu氏によれば「全く同じように構築されている3Dプリンタでも、ノズル、フレーム、ステッピングモーター、フィラメントなど、設置されている部品の特徴や、製造プロセス中に発生するほんの僅かな個体差により、3Dプリントされる造形物には固有のパターンが存在する」と言う。
これを実証するため研究チームは、小型イメージスキャナーを利用し、テストプリントされた数種類の造形物からデジタル画像を作成し、各画像を強調してフィラメントパターンを特定。その後、識別機能の信頼性を検証するため、各キーのバリエーションを調整して計算するアルゴリズムを開発した。

独自のアルゴリズムによって形成されたデータとデータベース情報を比較し、造形物からソースモデルとなる3Dプリンタを正確に追跡した際の正解率は99.8%と高く、期間を開けた10ヶ月後に再びPrinTrackerによるテストを行った場合でも、造形物とソースモデルとなる3Dプリンタを特定することが可能であると証明。
研究チームはまた、識別を困難にするため、様々な方法を用いて意図的に造形物を損傷させたが、この場合でも92%の確率で識別に成功した。

PrinTrackerを用いることで、3Dプリントされた銃や偽造品のソースマシンを特定することが可能となるが、特定の事件による犯罪捜査を除き、3Dプリント銃などの違法な物を正確に追跡するには、市場にあるすべての3Dプリンタの個体情報をデータベースに記録しなければならず、現実的には不可能に近い。

研究チームは、10月15日~19日にトロントで開催されたコンピュータ・通信セキュリティ協議会で、「PrinTracker」に関する研究結果を発表した。

ソース:University of Buffalo News Center


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る