DS Dollが3Dプリント製セクサロイドの試作機を発表

中国ロボットベンチャーが世界初の3Dプリント製セクサロイドの試作機を発表

中国大連市に本拠を置くロボット開発企業「DS Doll」は、人工知能により自律的に動くことができる世界初の3Dプリント製セクサロイド(人間とのセックス機能を付加したロボット)の試作機を発表した。

公開された20秒間の映像に登場する同社の新型セクサロイドは、人間の女性の全身スキャンデータをベースにしており、人間の体をよりリアルに模倣すよう設計された複雑な骨格構造を表現するため、金属3Dプリンタで造られた可動式の頭部、胴体、腕、脚などのパーツを備えている。
またこのロボットは、人間によるコントロールなしで全身を動かすことができる人工知能機能を有している。

詳細な発売時期や価格は公表されていないが、同社は近い内に世界初となる3Dプリント製セクサロイドの量産を目指している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る