スタートアップのためのコミュニティビル「SLACK SHIBUYA」

渋谷にスタートアップのためのコミュニティビル「SLACK SHIBUYA」がオープン

オフィスビルを企画・運営するリアルゲイトは、スタートアップ企業のためのコミュニティオフィスビル「SLACK SHIBUYA(スラック・シブヤ)」を2018年3月、渋谷桜丘町にオープンする。

「SLACK SHIBUYA」は、渋谷駅から徒歩5分の築40年地上11階地下1階のビンテージマンションをリノベーションした、オフィス・会議室・イベントスペース・共用ラウンジ・ルーフトップテラスからなる施設で、スタートアップ企業や中小企業がよりクリエイティブに、より快適に働けるオフィス空間と様々なサポートプログラムやサービスを提供する。

大企業での働き方改革への意識が高まる昨今、サードプレイスオフィスの設置や在宅勤務の導入に注目する企業が増えている。また大企業の他にも、IT機器を駆使して様々な場所で仕事をするノマドワーカーや、多様な働き方をするスタートアップや中小企業の出現など、働き方の変化に伴い、オフィスの在り方や働く環境への意識も高まってきている。

しかし、創業間もないスタートアップ企業や会社規模の変化が激しい中小企業にとっては、オフィス移転や会社立ち上げの際に必要となる初期コストがネックとなり、オフィスを構える事を断念したり、働く環境を妥協する企業も少なくない。そこで、彼らがより挑戦しやすい環境を提供できるように、同社の運営物件の入居者、約1040社・4600人(2017年10月時点)のスタートアップ企業や中小企業の運営実績や審査実績を活かし、初期コストの全額免除・一部免除のプログラムを導入。

プログラム内容と特典適用のフローについて

3月入居申込者限定で、オフィス移転時の初期コストが免除になる2つのプログラムを実施。
創業5年以内の企業を対象にしたスタートアップサポートプログラムでは、応募条件をクリアすれば、入居審査基準を緩和、保証金・事務手数料・保証会社委託料の免除が適用され、また、成長スピードの速いスタートアップ企業にとっては嬉しい、6ヶ月という短いスパンでの契約が可能となる。また、中小企業サポートプログラムでは、入居審査基準を緩和、事務手数料免除の他、保証会社加入で保証金を賃料(共益費含む)1ヶ月分(通常は賃料2.08ヶ月分以上)へ変更などの特典が適用される。
その他、入居後のミッションクリアで再契約料の特別割引や当社運営物件、新規物件への移転時の特典など、企業の成長に合わせたサポート体制も検討している。

オフィスプラン、施設サービスについて

SLACK SHIBUYAでは、コスト・コミュニティ・スペースの3つを軸にスタートアップ企業や中小企業をサポート。

【オフィスプラン】
オフィスは、使い勝手の良いシンプルな内装の個室のスモールオフィスプランと、機能性の高い家具やインフラ設備が整った家具付きのセットアップオフィスプランの2タイプを用意。スモールオフィスプランでは、オーダーメイドで自由に空間創りも可能。

【その他の施設サービス一覧】
ラウンジ、ルーフトップテラス、会議室、イベントスペース、超高速インターネット、スタートアップ企業向けセミナー開催、オフィス家具割引特典、フィットネスクラブ割引特典、駐車場、駐輪場など。

先行内覧会予約は、公式WEBサイト、電話またはメールより受け付け

公式WEBサイト:https://slackshibuya.jp
電話:03-6826-5556
メール:info_slackshibuya@realgate.jp  担当 山中

物件概要
  • 所在地:東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル
  • 貸主:株式会社リアルゲイト
  • 用途:事務所
  • 構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)地上11階 地下1階
  • 延床面積:1205.44㎡(364.65坪)
  • 区画面積:最小面積23.80㎡~最大面積71.58㎡
  • 竣工年月:1978年8月
  • リノベーション竣工年月:2018年3月予定

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る