豊橋にイノベーションガーデンがオープン

コワーキングスペースや食品開発拠点を新設したものづくり拠点「豊橋イノベーションガーデン」がオープン!

2017年11月11日、愛知県豊橋市の豊橋サイエンスコアに、3Dプリンタなどのデジタル工作機器を備えたものづくり拠点「メイカーズ・ラボとよはし」、コワーキングスペース「Startup Garage」、食品開発拠点「アグリフード・ラボ」の3つの機能を備えた「豊橋イノベーションガーデン」がオープンした。

同施設は、多様な人材の交流・連携を促進し、利用者のチャレンジを支援することで、新商品開発や新規ビジネスの創出を加速する施設として運営される。

 

【ものづくり拠点「メイカーズ・ラボとよはし」】

3Dプリンタやデジタルミシンなどのデジタル工作機器を備えたものづくり施設「メイカーズ・ラボとよはし」は、誰でも自由に機器を利用することができ、アイデアを形にできる場所。ものづくり初心者から上級者までが参加できるワークショップなども開催される。

 

【コワーキングスペース「Startup Garage」】

起業に興味関心・アイデアがある人から既に起業した人、働いている人などが無料で利用できるコワーキングスペース「Startup Garage」には、Wi-Fi環境や電源を完備するとともに、常駐するスタッフに相談することで課題の発見や専門家の紹介といったサポートを受けることが可能。起業に役立つ勉強会やイベントも開催される。

 

【食品開発拠点「アグリフード・ラボ」】

地元の農産物などを活用した食品に関する新商品開発を進める拠点施設「アグリフード・ラボ」では、女性農業者を中心に設立された合同会社「彩えんずキッチン」が入居し、地元で生産された農産物を活用したパンや弁当などの新商品開発に取り組む。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る