Polysher開封から初期セットアップまで

3Dプリント造形物の表面を自動で滑らかにする「Polysher」開封から初期設定まで

3Dプリンタ用フィラメントメーカー Polymakerがリリースした、3Dプリント造形物の表面をほぼ自動で滑らかに仕上げる加工機『Polysher(ポリッシャー)』と、Polysher専用材料『PolySmooth(ポリスムース)』

先日、本サイトでも実機レポート(こちら)をお伝えしたばかりですが
Polymaker社は、自社の公式YouTubeチャンネルから、開封~初期セットアップ~加工後までの一連の工程を紹介する映像を公開しました。

基本的な内容については先日お伝えした実機レポートと同程度ですが、この映像では、加工中のジョグダイアル操作などについてより詳しく説明がなされています。

Polysherの導入を検討されているユーザーにはかなり分かりやすい映像になっているので、購入前に一度ご覧になった方が良いでしょう。

また3DP id.artsでは、Polysherの導を検討されているユーザー(個人・企業)向けに『Polysher お試しキャンペーン』を展開しています。

ユーザーからアップいただいた3Dプリント用データを弊社にて造形し、Polysherによる表面処理を行い完成した作品を、ご指定の住所へご郵送するサービスです。「Polysherの購入前に実物でテストしてみたい」と言うユーザーさんは、こちらからお申込みください。

追記
この度id.artsは、Facebook上に「3DP Polysher Users’ Group」と言う名のユーザーグループページを開設いたしました。Polysherユーザーはもちろん、購入検討中の方々の参考になれば幸いです。
https://www.facebook.com/groups/1982510208691013/


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る