オレンジの皮で作られた3Dプリントランプ「ohmie」

世界初、リサイクルされたオレンジの皮から造られた3Dプリントランプ「ohmie」

ミラノのスタートアップ krill design は、シチリア産オレンジの皮をリサイクルした3Dプリント製ランプ「ohmie」を発表し、クラウドファンディング Kickstarter からローンチ。2021年7月29日現在、370人弱の支援者から約440万円の資金調達に成功している。

オレンジの皮を再生して、新素材に変換することを目的に研究を進めてきた同社は、オレンジピールとバイオポリマーの混合物から3Dプリント用材料(フィラメント)を開発。100%天然で堆肥化可能なこの材料と、従来のFDM方式3Dプリンタで造形される「ohmie」は、実際のオレンジの皮に似た独特のテクスチャーを有している。

「ohmie」には、USBプラグ電源コード、タッチ式調光スイッチ、70~90lmのLED電球が付属。3Dプリントされたオレンジ色のバイオマテリアル製ボディは、高さ23cm重さ150gで、将来的に完全に堆肥化することができる。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る