フランス海軍3Dプリント製プロペラを採用

Naval Group、フランス海軍艦船用に3Dプリントされたプロペラを製作した

フランス海軍の艦艇および戦闘システムを製造するフランスの大手海軍防衛請負業者 Naval Group は、フランス海軍艦船用(1トン船)のプロペラを3Dプリントした。


Photo : Naval Group

防衛関連事業の請負業者である Naval Group は、フランス海軍の艦船用に完全に3Dプリントされたプロペラを製作。同社はこのプロジェクトのため、独自に開発した金属ワイヤーフュージョン技術(DED)ベースのプロセスを使用して、5枚のブレードから構成されたプロペラを製作。プロペラの大きさは2.5メートル、重量200kgで、3Dプリント技術を用いて製造されたこの種のプロペラとしては最大級の物であり、Naval Group の3Dプリントプロセスを使用して製造された最初のプロペラとなる。

艦艇の運用には、腐食、疲労、耐衝撃性など、厳しい条件下で操業されるため、その生産にも厳しい品質要求が課せられている。同社は、SSF (Fleet Support Services/フリートサポートサービス) と DGA (French Defense Procurement Agency/フランスの防衛調達庁) が定める認証試験をパスするため、認証手続きを専門とする Bureau Véritas と密接に協力して、包括的な技術正当化ファイルを作成。
2020年12月に一連の海上試験を無事に終了したプロペラは、本船の今後の運用任務のすべてに採用されることになっている。

3Dプリント技術を使用することでプロペラの軽量化とリードタイムの大幅な短縮が可能となり、加えて3Dプリント用に部品を再設計することで、エネルギーと推力の効率を高め、ステルス操作中のコンポーネントの音響的裁量を向上させることもできるようになる。更に、ワイヤーキャスティングのようなDEDベースの技術は、部品の修理に非常に適しており、部品破損後のコストとダウンタイムをさらに軽減する。

ブレードを取り付けられたブレストの同社サイトのディレクターであるエリックバルフィン氏は次のように結論付けている「この3Dプリントされたプロペラの組み立ては、将来に向けて大きな可能性を示しています。この新技術により、技術的な制約を大幅に軽減することが可能となり、従来の工程では製造できなかった複雑な幾何学的形状などの新たな製造ソリューションが可能となります。また、生産時間を大幅に短縮し、結果的にインサービスサポートを実現することも可能になります。」


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る