患者に合わせカスタマイズ可能な3Dプリント製装具「ARMOR」

医療系ベンチャーがCES 2021でカスタマイズ可能な3Dプリント製脊柱装具「ARMOR」を発表

イタリアのバイオメディカルベンチャー Exos(以下 エクソス)は、オンラインで開催された「CES 2021」において、カスタマイズ可能な3Dプリント製脊柱装具「Armor」シリーズを発表した。

イタリア政府が支援する代表団の一員としてCESに参加したエクソスの新製品「Armor」は、各患者のニーズに合わせてカスタマイズ可能なモジュール式の3Dプリント製装具で、既存の装具よりも高強度でありながら、平均38%薄く、30%軽量で、患者の体型に合わせてカスタマイズされており、長時間の装着でも不快感を与えぬよう通気性に優れたデザインで構成されている。

3Dプリント技術を活用した「Armor」は、従来の装具製造のリードタイムを20~28日から約2~3日へと大幅に短縮することが可能であると同時に、従来のプロセスよりも廃棄物の発生が少ない。

「Armor」シリーズは、患者の体型に最適化された通気性に優れた装具を、従来よりも素早く製造することが可能なため、今後複数のクリニックと提携してこの技術を商業化し、数ヶ月内に欧州と米国で提携関係を拡大することを計画している。また同社は将来的に遠隔地からも協力クリニックへ3Dプリント装具のオーダーが可能になるようなシステムの開発を進めている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る