軟体動物モチーフの3Dプリントペーパーナイフ

3Dプリンタで作られたペーパーナイフ「nautilus paper-knife」

2002年設立のデザイン会社 nendo は、軟体動物をモチーフにしたミニマムなデザインの3Dプリントペーパーナイフ「nautilus paper-knife」を開発。公式オンラインストアから販売を開始した。

オウムガイやアンモナイトの螺旋状の貝殻のような形をしていることから、「nautilus(ノーチラス)」(オウムガイのラテン語名)と名付けられたこの商品は、刃が露出していないため、安全に使用できるペーパーナイフで、内側に巻き込まれた箇所が刃になっており、側面のスリットに封筒を通すことでフラップの内側に刃が入り込み、横に引くことで開封できる。

外装が徐々に刃へとモーフィングする複雑な形状を実現するため3Dプリンタが使用されたが、刃の鋭利さに限界があったため、刃の形状と角度、そしてスリットとの距離は繰り返し検討されたという。

3Dプリントされた樹脂製のペーパーナイフはポリアミド樹脂で3Dプリントされ、ブラックとホワイトの2色をラインアップ。nendo公式オンラインストアにて13,200円で販売されている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る