IKEAがオンデマンド3Dプリント装飾品を発売

IKEAドイツ、オンデマンド3Dプリント装飾品「FLAMTRÄD」の発売を開始

北欧スウェーデン発祥の世界最大家具量販店 IKEA(イケア)グループのIKEAドイツは、オンデマンドの3Dプリント装飾アイテム「FLAMTRÄD(フレームレード)」の発売を開始した。

これまでにも様々な3Dプリントアイテムを提供してきたイケアだが、今回発表された「FLAMTRÄD(フレームレード)」は、SLS方式(ポリアミド素材)の3Dプリンタで3Dプリントされたユニークな装飾アイテムとして、同社初の商業ラインとしてリリースされたが、2022年1月現在、ドイツ国内のみの販売となっている。
関連記事:Teenage Engineering、自社製品の3Dプリントデータ公開

IKEAドイツのウェブサイトからのみ購入可能な同コレクションは「装飾アクセサリー(Deko Accessories)」ラインの一部として、「FLAMTRÄD」というブランドのもと、2種類の格子状のヘッドスカルプチャーと、数種類のハンドスカルプチャーなどの3Dプリントアイテムがラインアップされている。

いずれの商品も、ブラックとホワイトの2色から選択が可能で、価格は29,99ユーロ(約3,900円)から。最も高価なものでも49,99ユーロ(約6,500円)で購入できる。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る