デスクトップメタル、EnvisionTECを「ETEC」に改称

デスクトップメタル、買収から1年を機にEnvisionTECを「ETEC」に改称

マサチューセッツ州に本社を置く3Dプリンタメーカー Desktop Metal(以下 デスクトップメタル)は、2021年に買収した3Dプリンタメーカー EnvisionTEC(以下 エンビジョンテック)を「ETEC」に改称。新ブランドロゴは、DLPのビルドトレイをイメージしたもので、樹脂がデジタル投光器によって様々な物に変化していく様子を表現している。
関連記事:Desktop MetalがEnvisionTECを3億ドルで買収

エンビジョンテックは、高い精度を有する3Dプリント技術をベースに、ヘルスケア、歯科、医療、宝飾品業界をリードしてきたが、2021年にデスクトップメタルによって買収された。買収後の同社は、3Dプリント技術、材料、ソフトウェアおよびアプリケーションを戦略的に統合することにより、多くのメーカーをAM 2.0に導き、サプライチェーンのリスクを軽減しながら、設計技術の柔軟性の向上、廃棄物の削減、市場投入時間の改善および財務上の節約の恩恵を受けられるようにすることを目的としている。

新ブランドとなる ETEC は、デスクトップメタルの子会社である Adaptive3D と提携し、クラス最高の3Dプリントフォトエラストマーを ETEC の積層造形システム専用に提供し、ハードウェアと材料の密接な統合によってその性能を最適化。ETEC は現在、靴の中敷やシートクッションなど消費者や産業向けのアプリケーションに使用さるエラストマー系3Dプリント材料を提供している。その中には、電動工具アダプタやリコイルパッドなどに使用される高い引裂強度を持つエラストマー「Elastic Tough Rubber 90(ETR 90)」も含まれる。


デスクトップメタルのヘルスケアビジネスユニット DesktopHealth


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る