3Dプリンタ用データのエラーを自動で修正するクラウドサービス

Mimaki、3Dプリンタ用データのエラー修正と自動で最適化するクラウドサービス「Mimaki 3D Print prep Pro」を発表

産業⽤インクジェットプリンタや3Dプリンタなどを手掛けるミマキエンジニアリングは、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータのエラーを自動で修正し、形状を最適化するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Print prep Pro(3DP3)」を発表。2021年10月5日からサブスクリプション型サービスとして提供を開始する。

3Dプリンタが身近になる一方で、3Dプリントを行う際は、3Dデータにエラーがないか事前に確認する必要があり、エラーを修正するためのさまざまな機能が搭載されたソフトウェアは高価であり、操作の習得には3Dデータを扱う知識と時間を要する。こうした3Dデータの修正は、3Dプリンタのさらなる普及において課題の一つとなっているが、同社が発表した「Mimaki 3D Print prep Pro」は、3Dデータから3Dプリントを行う際に必要となるエラー修正を簡単操作で自動実行でき、さらに3Dモデルに適した形状に最適化することが可能としている。


3D造形のワークフロー

これにより、3Dデータの扱いに不慣れなユーザーも簡単にエラー修正が行え、修正時間の軽減に貢献。本製品は8種の主要な機能「厚み修正」「隙間埋め修正」「中空形状修正」「クリアパーツのカット修正」「テクスチャデータの最適化」「マテリアルカラー有効化設定」「穴埋め修正」「VRMデータ修正」を備えており、細かな修正を行う際は、任意に数値を指定してから自動修正することも可能。プリント前にエラー情報の有無を確認し修正することで、時間や材料を無駄にすることなく確実な造形が可能となる。


3Dデータの形状を空洞にする中空形状修正機能

「Mimaki 3D Print prep Pro」は、同社は初となるサブスクリプション形式のクラウドソフトウェアサービスで、月額50ドル(約5,550円)で利用できる。
Mimaki 3D Print prep Pro 公式サイト https://japan.mimaki.com/product/software/3d/3dp3/

Mimaki 3D Print prep Pro 利用条件

プレスリリース


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る