3Dプリントミッドソールを備えた防水シューズ「Bisca360」

LuxCreo、3Dプリント技術から造られたミッドソールを備えた防水シューズ「Bisca360」を発売

北京、寧波、台北、シリコンバレーの4カ所に拠点を置く中国の3Dプリンタメーカー LuxCreo は、パートナー等と協力して、3Dプリントミッドソールを搭載した防水シューズ「Bisca360」を、クラウドファンディング Kickstarter からローンチし、目標額を達成した。

263人の支援者から、合計33,696ドル(約360万円)の資金調達に成功した「Bisca360」は、LuxCreoの高速光重合技術「LEAP(Light Enabled Additive Production)テクノロジー」から造られた通気性に優れた3Dプリントミッドソールと、空気を通しながら水を通さない先進的なナノファブリック製アッパーを備えており、優れた衝撃吸収性と100%防水性能を有している。

現在の3Dプリントシューズ市場では、Carbon × adidas が提供する「Futurecraft 4D」シリーズが圧倒的なシェアを有しているが、中国の3Dプリンタメーカーが直接フットウェア市場に参入することで、今日のフットウェア製造の90%近くを占めるアジア圏内のフットウェアメーカーの関心を引く可能性を示している。

KPCB、Northern Light Venture Capital、Shunwei Capitalなどの投資会社からの資金調達を受けているLuxCreoは、その資金力を活かし、ハードウェア、ソフトウェア、材料など研究開発から、大量生産向けの商業アプリケーション開発で急速な拡大を遂げている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る